私が尊敬できる女性

新着記事

人生を看護に捧げたナイティンゲール

人生を看護に捧げたナイティンゲール

看護師や看護師を目指す人の誰もが一度は「白衣の天使」という言葉や「ナイティンゲール」という名前を聞いたことがあると思います。この2つは現在も看護職を志す人にとって大きな目標となっています。
ナイティンゲールは元々イギリスの上流階級の生まれでしたが、1837年2月7日に「私の元にて奉仕しなさい」という神の声を聞くことにより、当時忌み嫌われていた看護師に自ら志願しました。家族に反対されても婦人病院で看護監督として働き、クリミア戦争(1853年~1856年の3年間、フランス・イギリス・サルデーニャ・トルコの4国の連合軍と、ロシアの1国の間で起きた戦争であり、クリミア半島で戦われていたことからそう呼ばれています)の戦地スクタリへ数十人の看護師と共に赴きます。戦地の劣悪な衛生状態にもかかわらず一日に1,200人の負傷兵の治療をし、夜には灯りを持ち見回りを行ったと言われています。この姿から、ナイティンゲールは「白衣の天使」と呼ばれ、今では看護師の代名詞となりました。

衛生環境の改善

衛生環境の改善ナイティンゲールの功績は看護だけではありません。クリミア戦争で野戦病院の中に広まっていた伝染病(コレラ病)が原因で死亡する兵士が多く、その原因を究明するため自ら得意な数学と統計学を使用し、野戦病院での死亡統計をまとめ衛生環境の改善が大事だと軍の上層部に訴えました。その結果、軍は野戦病院の衛生環境を改善し、兵士の死亡率は40%前後から2%程度まで下がることになりました。この時に提出した統計グラフの様式は、病院統計という考え方を確立し現在も使用されています。

創り上げた看護の基礎

創り上げた看護の基礎ナイティンゲールはクリミア戦争での経験から、兵士が死亡する原因は戦争による負傷よりも劣悪な衛生環境のせいであることが多いということをまとめた「英国陸軍の健康と能率、病院管理の覚書」と、初の看護書籍「看護覚え書」を発行しました。1960年には自分の名前が入った、宗教系ではない初の看護学校、ナイティンゲール看護婦養成所学校が創立されました。その後イギリス内に同様の養成学校が創られ、それが現在の看護士養成学校の基盤となっています。
またこれまでの功績が認められ、赤十字を設立し「赤十字の父」と呼ばれたアンリ・デュナンから十字勲章を受章したり、1907年には女性史上初のメリット(有効)勲章を受賞します。ナイティンゲールは1910年8月13日に90歳で亡くなるまで傷病者の看護に勤め、病気や傷には新鮮な空気や清潔さなど衛生環境が大事という看護の基礎を世に示したのです。

あわせて読みたい記事